タスクアンビエント照明って何?

タスクアンビエント照明とはアンビエント照明とタスク照明を組み合わせた照明器具です。
アンビエント照明とは室内全体を証明する器具、タスク照明は机の上など局所的に証明する局所照明です。
この2つを組み合わせることで電気エネルギー量を削減することが出来ます。
両方の特性を活かした照明であることからオフィスや工場など各種産業分野に幅広く応用することが出来るといったメリットが有ります。
アンビエント照明で天井や壁、床を均等に明るくし空間全体の明るさ感と安全性を確保することが出来ます。
アンビエント照明単体を取り付けるよりも照明効率がよく書類を読んだり、パソコン作業をする、精密作業をするといったように業務を多様化することが可能となります。
アンビエント照明とタスク照明の照度比には適した比率があり、1:3程度が最も適しています。
タスク照明の使用を前提とし、アンビエント照明の照度を落す設計もあります。
アンビエント照明は天井埋め込みもしくは直付の器具が用いられ、ルーバーを付けることでパソコンモニターへの映り込みを防止することが出来ます。
タスク照明はデスクスタンドや吊り下げ照明が使用されます。http://xn--42-zg3c50hksas86m1vxb.jp/

タスクアンビエント照明って何?

太陽光発電って何?

太陽光発電は太陽の光エネルギーを太陽電池と呼ばれる装置を用いて電気に変換する発電方式です。
太陽光発電によって作られた電気は家庭で使用することでき、余った電気は電力会社に売ることが出来ます。
災害によって電力の供給がストップしても太陽が出ていれば電気を使うことが可能です。
太陽光発電は太陽の光エネルギーを利用して発電するため、二酸化炭素や排気ガスを排出せず、しかも騒音もない環境にも人にも優しいエネルギーです。
太陽光発電は太陽が存在する限り電気を作り出すことが出来る言わば無尽蔵のエネルギー源です。
日本は石油や石炭といったエネルギー資源を活用して電気を生み出しています。
しかも自国ではなく諸外国からの輸入にほぼ依存している状態です。
化石燃料は有限なもので使い続ければいつかは無くなってしまうもの。
また資源がなくならなくても何らかの形で輸入を止められてしまえば日本はたちまち混乱してしまいます。
このように深刻化するエネルギー資源問題の1つの解決策として太陽光発電は有力な手段の1つといえます。
エネルギー資源確保が容易で、尚且つ環境にやさしいのが太陽光発電の大きな特徴と言えますが、もちろんデメリットもあります。
それは他の発電方式に比べ発電量が不安定であることです。
雨や曇りの日はもちろん夜間など太陽が出ていなければ発電することが出来ません。
また設置費用が高く、売電によって元を回収するのに数十年はかかります。土地付き太陽光発電とは?

太陽光発電って何?

ツイストロックコンセントって何?

電気器具のプラグをコンセントの円弧状の湾曲した差し込み口に差し込み、時計回りに回すと抜けなくなるコンセントをツイストロックコンセントと言います。
抜け止めコンセントとも言われています。
プラグを斜め方向に差し込み固定位置まで回すとプラグは通常のコンセント同様に真横を向く形となります。
反時計回りに回転させることでプラグを抜くことが出来ます。
ツイストロックコンセントのメリットはロックすることで抜けなくなることです。
冷蔵庫や洗濯機、などの電気器具のプラグが地震によってコンセントから半分程度抜けた状態のままになると、埃が貯まり火災の原因になる恐れがあります。
但し、ロック機構は可動部となりますので頻繁に抜き差しを行っていると固定が甘くなったり抜けなくなってしまう恐れがあります。
ですからツイストロックコンセント頻繁に抜き差しする場所での使用には向いていません。
あくまでも長時間差し込んだまま使用することが前提となる電気機器に使用するのが良いです。
また天井にコンセントを設ける場合はコード抜けを防止するためにもツイストロックコンセントが望ましいです。分譲太陽光発電で投資するには?

ツイストロックコンセントって何?